役立つ!初めての車検ガイド

トップ > 車検の豆知識 > 車検を2ヶ月前に受けるメリットとデメリット

車検を2ヶ月前に受けるメリットとデメリット

車検の有効期限につきましては、新車の登録の際には3年間、そうして2年おきとなっています。
そして、通常の場合車検を受けるケースでは有効期限の1ヶ月前より受けることが可能になります。
車検に関しては1ヶ月前から車検の有効期限に至るまでの間に受けることになるのは普通です。
それでは、1ヶ月前ということではなく、2ヶ月前に車検を受けることができるのかという疑問点があります。
実際のところ車検を行なってもらう時期について特段ルールはありませんし、早い内に受けることについての罰則規定も存在していません。
通常の場合自家用乗用車のケースでは、継続車検ならば車検の有効期限に関しては車検を受けた日より2年間となります。
その結果、長期出張、あるいは入院といった有効期限の1ヶ月内はやむを得ず都合がつかないとあらかじめわかっているケースでは、2ヶ月前に、車検を行なってもらうことも不可能ではありません。


車検に関しては有効期限の1ヶ月内でなく、それよりも早い内に受けられますが、2ヶ月前に車検を受けたケースでのメリットがあります。
まず第一に、自分自身の都合に合わせ易いことが挙げられます。
有効期限の1ヶ月内で、業者へマイカーを預かってもらう時間がない、或いは車検が終了した後に車の受け取りが不可能な場合など、自分自身の都合の良いように早いうちに受けられることが代表的な利点と言えるでしょう。
この他に、車検を受けるケースで、タイミングによっては非常に混むシーズンがあります。
とりわけ年度末の3月に関しては、就職、あるいは入学、決算など、自動車の需要やエントリー数が増加する傾向にあるため、同じ時期に車検期日になる車も集中しがちになります。
その結果、3月は自分自身の都合どおりに予約が取れない等を理由に、故意に避けて予約の取れやすいタイミングに前倒して受けることも利点と言えます。


車検を2ヶ月前に受けた場合のデメリットとしまして、1ヶ月以上前に行なうと、次の車検の有効期限が短くなることがあげられます。
通常の場合、有効期限の1ヶ月内に受けた場合、どのタイミングで受けても次の車検の有効期限が短くなってしまうことはありません。
しかしながら、1ヶ月より前に受けた場合、早い内に受けた期間の相当分だけ車検の期間が短くなります。
要するに2ヶ月前倒しの状態で受けると2ヶ月相当分の車検期間を損します。
その結果、可能であるなら有効期限の1ヶ月前より期限日に至るまでに受けたほうが得であると言えます。
有効期限1ヶ月前に時間がないなど、回避できない事情があるケースでは、着実に車検を実行するためにも2ヶ月前に受けることを念頭に置いてもいいでしょう。
しかしながら、2ヶ月前に受けたケースでのデメリットもありますから、そうしたものを押さながら一番最適な選択を行なうようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー

先頭に戻る